リース契約について

複合機やビジネスフォンといったOA機器等、オフィスでは各種の設備を揃える必要があります。
それらの機器の導入には、リース契約も有効です。
これは会社側の必要な機械設備等をリース会社が代わって購入し、それらを長期間の間賃貸する契約とされます。
リース契約では、購入した場合に比べて、初期費用が掛からず、新品の製品を安く使用する事ができます。
通常のレンタル契約では、中古品を短期間借りる形でメンテナンス費用が掛かることもあります。
利用の目的や予算に応じてレンタルかリースかを選択しましょう。
機器を購入した場合、減価償却の処理や固定資産税の納付などが必要ですが、リース契約では毎月掛かるリース料を経費として処理できます。
そのため、複雑な手続きが必要なくなり、事務処理を軽減させる事ができます。
負担リース契約では、機器が故障等をしても、リース会社が修繕や保障を行ったり、製品を取り換えるサービスもあります。
このように、リース契約にはメリットが多いですが、注意しなければならない点もあるます。
リースでは長期契約の為、基本的に中途解約が出来ません。
また、購入代金の他に諸費用が掛かる事もあり、機械設備等の所有権はリース会社側のものとなります。
そのため、導入の際には契約の内容を良く確認しておく事が必要となります。
このように、リース契約を考える際には、メリットとデメリットを良く理解しておく事が大切です。
予算や目的に応じて上手にオフィス機器を活用しましょう。

話題になっているオフィス。便利なココがおすすめですよ

Search
Copyright (C)2017賃貸でもOK!心地よいオフィスの作り方.All rights reserved.